スタッフブログ

『夏休みの宿題からことわざを学ぶ』

カルチャースクールイオンモール富津校では、色々な学びを提供しています。

スタジオレッスン、教室レッスン、パソコン教室などぜひ体験してみてください。

カルチャースクールイオンモール富津校 ℡0439-80-4039

こんにちは(^^♪

本日も店長の学びシリーズ♡です。

カルチャースクールイオンモール富津校の店長として身近な学びを書いています。

もう少し書き慣れてきましたらみなさんの参考になる話題が提供できますようにしばらくは、一方通行の学びにお付き合いくださいませ♪

 

本日は、

『夏休みの宿題からことわざを学ぶ』

・デジタル化される前の宿題は一苦労だった

・この際だからことわざをしらべてみる

・昔の人は情緒がある

 

『デジタル化される前の宿題は一苦労だった』

先日、登山をしながら夏休みの宿題の話になりました。

それは、昭和の自分達の時代の宿題の話です。

わたし:「夏休みの宿題とかしっかりやってた?」

登山者A:「理科の宿題だったんだけどね。雨のつくことわざを知らべてくるって宿題」

わたし:「理科なのに?簡単で良かったじゃん」

登山者A:「今と違って、インターネットもなければ広辞苑もなくて唯一あったことわざ辞典を使って調べたんだよ。20個以上あったと思うよ」

わたし:「へー。家に帰ったらネットで調べてみようっと」

 

そうなんですよね。昭和の時代インターネットなんてないから調べものの宿題も大変でした。辞書をひいたり図書館で調べたりと宿題としては手間がかかるので印象に残り大人になっても覚えていたのでしょう。

今は、便利な時代になりました。デジタル化は作業短縮にもなるしとても効率が良い。

でもアナログも捨てがたい。本もデジタルより紙の本が読みたくなるし。

どちらもいいとこどりで暮らしています。

 

【この際だからことわざをしらべてみる】

そして便利なデジタル化によって雨のつくことわざを調べてみました。

故事・ことわざ

  • 秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる
  • 朝雨と女の腕捲り
  • 朝雨に傘いらず
  • 朝虹は雨夕虹は晴れ
  • 雨垂れ石を穿つ
  • 雨垂れは三途の川
  • 雨夜の月
  • 雨が降ろうが槍が降ろうが
  • 雨塊を破らず、風枝を鳴らさず
  • 雨の降る日は天気が悪い
  • 雨は花の父母
  • 雨晴れて笠を忘れる
  • 雨降って地固まる

など他にもたくさんありました

 

【昔の人は情緒がある】

ネットで調べると数秒ででてきます(笑)

『雨降って地固まる』

意味は、もめごとが解決したあとに、物事が前の状態より良くなること。

このことわざは、本当に良く使われていますね。

 

『雨夜の月』(あまよのつき)

これは、初めて聞きました。

意味は、想像するだけで、現実には見ることのできないもののたとえ。雨夜にも月はあるはずだが、目には見えないことから。

 

雨夜(あまよ)って響きがとても気に入りました。情緒があります。

普段、ことわざもあまり使いませんが今回は、ちょっとしたきっかけから調べてみることにしました。

また、テーマを決めたことわざを調べてみることにします。

by piyo

関連記事

  1. 簿記受験対策講座募集のお知らせ♪
  2. MOS2013の勉強♪
  3. 『おススメの本はなんですか?から読書を学ぶ』
  4. 自分とのコミュニュケーション講座開講しました。
  5. 日商簿記3級試験対策講座 11月8日開講決定!
  6. 特別講座 姿勢改善講座♪
  7. 今年もお世話になりました♪
  8. お勤め帰りのExcel座談会♫ メンバー募集!

月別のブログ

”LINE"
”Facebook"
”Twitter"

Twitter

PAGE TOP