スタッフブログ

愛犬から優しさを学ぶ

カルチャースクールイオンモール富津校では、色々な学びを提供しています。

スタジオレッスン、教室レッスン、パソコン教室などぜひ体験してみてください。

カルチャースクールイオンモール富津校 ℡0439-80-4039

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは(^^♪

店長の学びシリーズ♡です。

本日は、愛犬から優しさを学ぶ

 

・犬を育ててると思っていたけど育てられていた

・温かいモフモフしたものに触れると穏やかになれる

・一方通行の会話こそが癒しである

 

【犬を育てていると思っていたけど育てられていた】

ある日、当時20歳の申し出で犬を飼うことに…

知り合いの方を通じてブリーダーさんを紹介していただき譲ってもらいました。

黒いオスの柴犬で名前を『でん』とつけました。

 

彼が来てから生活が一変し、冬のこたつは撤去。

とにかく何でもかじる。危ない時は叱る。節約生活なのにエアコンはつけっぱなし。

息子たちもよく面倒をみています。話もしています。

面倒をみながら18歳が『でん、お前手がかかるな』と褒めたり叱ったり喜怒哀楽を激しく伝えています。

私にしたら18歳のやんちゃぶりには手をやいたのでどの口が言っているんだかと笑ってしまいます

22歳は、眠い朝でもしっかり散歩に行きます。

2人とも時間を気にしたり温度を気にしたり今まででは考えられません。

こんなに子供たちを育ててくれてありがとう。

犬を飼うということは犬を育てることと思っていたけど

犬を飼うことは犬に育ててもらうことでした。

 

【温かいモフモフしたものに触れると穏やかになれる】

なんといってもでんのモフモフ感、たまりません。

撫でたり匂いを嗅いだり抱きしめてみたりこんなに気持ちの良いものは子育て中の息子以来かと(笑)

嫌なことがあった日も触れると落ち着きます。

【一方通行の会話こそが癒しである】

2歳になるでんとは、毎日会話をします。首を横に傾けて話を聞いてくれます。

ボール、おやつなど自分の好きな言葉には反応します。

でも『おいで』は意味がわかっているのに都合が悪いと聞こえに振りをします。

大人な対応です♪

でんは、私の言ったことを否定しません。

カウンセラーとして最高です。

都合が悪い時は右から左にしてくれます。

一方通行の会話が癒しにつながります

 

私がペットネタなんて笑ってしまいますね♪

子供の情操教育にペットをとおっしゃっていた方がいらっしゃいました。

育て、育てられ大事なことですね。

でんから優しさを学びました。

by piyo

関連記事

  1. 1DAY ZUMBA(ズンバ)レッスン
  2. キッズクラス♪
  3. プリザーブドフラワー♪
  4. 今月の1DAY講座♪ プリザーブドフラワー
  5. プリザーブドフラワー♪
  6. 革小物つくり講座開催のお知らせ♪
  7. 心理学者 植木理恵さんのセミナーをききました。
  8. パソコン教室🎵

月別のブログ

”LINE"
”Facebook"
”Twitter"

Twitter

PAGE TOP