スタッフブログ

心理学から他者との違いを学ぶ

カルチャースクールイオンモール富津校では、
色々な学びを提供しています♫
以前に受講した心理学講座の「アイスブレイク」についてのお話です♪

本日は、

心理学から他人と自分のとらえ方の違いを学ぶ

 

同じ物を見たり聞いたりしても解釈が違う。

他者を理解する様歩み寄れば他者も心を開いてくれる

 

「心理学」は、昔から興味がありましたがどんな学問なのかわかっていませんでした。

心理学と聞くとみなさんはどんな印象をお持ちでしょうか?

私は、「心」という文字から連想し心を見抜かれてしまうのではないだろうか?とか

自分の中にある悪いものがでてしまうんじゃないか?とか不安要素が強く数回目までは緊張していました。

中でも好きではなかったのが『アイスブレイク』

ウィキペディア(Wikipedia)には、

アイスブレイクの目的は、見知らぬ者どうしの集団に投げ込まれたとき、人の心と体は「アイス(氷)」のように張りつめて凍てついた状態になっている。「アイス」状態を「ブレイクする(打ち破る)」のが、アイスブレイクである。

アイスブレイクの目的は、三つある。

  1. 参加者全員が和やかな雰囲気に包まれるようにすること
  2. 参加者どうしのコミュニケーションが円滑に、豊かに、広くなるようにすること
  3. 参加者がその場に自分がいてもよいという安心感をもつこと

普段人見知りをしない様に努力している私。みんなを和ませ様と講座の前に軽く話しかけて場を和ませ様としていました。講座が始まり「では、アイスブレイクをしていきましょう」と言われると氷が解けるどころかかえって凍ってしまいます。構えてしまうんですね。
そんな時にある資格を取得するために研修を受講しました。
その際に、またもや『アイスブレイク』があり

他者の内面を見た目や雰囲気や会話から想像していくカードゲームの様なものでした。

ご一緒したAさん。どうもよくわかりません。

私、みんなが想像してくれて比較的当たっている。単純明快というのでしょうか?

 

みなさん、どのくらい当てられましたか?

逆に当ててもらえましたか?

 

これは、簡単なアイスブレイクのつもりのカードゲームです。

みなさんが他者を観察して想像することは講師として必要です。

そして他者からみてみなさんが想像できる人であることも必要です。

講師として生徒さんに心を開かなくては生徒さんも開いてくれませんからねとおっしゃっていました。

 

Aさんのことがよくわからなかったのは、心を開いてくれていなかったということですね。

 

初めての方に心を開くのはとても難しいです。ですが講師という職業柄心を開いた方が生徒さんに気を使わせずに授業が円滑に進むわけです。

 

それからというものなるべく多くの人に多くの話題を振ります。

その場が和めば私は嬉しいと思っていますが中にはよくしゃべる人だなと私の事を思う人もいるかもしれません。そう受け取ったかぁ~とがっかりすることもあるし上の空で話を聞いてない方もいらっしゃいます。それでも続けていこうと思っています。

By piyo

 

―独り言―

そうなんです。受け取り方って人それぞれなんですよね。

すべての方のものさしが同じではないことは十分承知していますが…他者の気持ちを想像してみるというのも大事ではないかと私なりに考えます。

関連記事

  1. 心理学とパワーストーン♪
  2. イベント行ってきましたぁ~♪@みなのば
  3. ピラティス 新クラス開講♫ 体験会のお知らせ♫
  4. 1日講座♪ 個別学習 Excel
  5. 自分癒し講座 はじめてのアロマテラピー
  6. そろそろ大掃除??
  7. 1DAY講座ーハンドトリートメントー
  8. 賑わってます♪

月別のブログ

”LINE"
”Facebook"
”Twitter"

Twitter

PAGE TOP