スタッフブログ

卒業式でした。

こんにちは(^^)

今日は、お天気が良いです。

数日前には、次男の高校の卒業式でした。

雨で寒かった〜。入学式も雨でした。

体育館ってなんであんなに寒いんでしょうね(笑)

式が終わった後に保護者の代表としてご挨拶してくれた方が読んでくれた詩が SNSで数年前から話題だそうで、ちょっとネットから引用させていただきました。これが原文だそうです。

ーラストタイムー

これが略だそうです。

『最後のとき』

赤ちゃんをその腕に抱いた瞬間から
あなたはこれまでとは全く違う人生を生きる
以前の自分に戻りたいと思うかもしれない

自由と時間があって
心配することなど何もなかったあの頃の自分に
今まで経験したことがないほどの徒労感

毎日毎日、同じ日々
ミルクを与えて背中をさすり
おむつを替えては泣かれて
ぐずられて嫌がられて
昼寝をしすぎてもしなくても心配で
終わることのない永遠の繰り返しに思えるかもしれない

だけど忘れないで……

すべてのことには、「最後のとき」があるということを

ご飯を食べさせてあげるのはこれが最後、
というときがやってくる

長い一日のあと子どもがあなたの膝で寝てしまう
だけど眠っている子どもを抱くのはこれが最後

子どもを抱っこ紐で抱えて出かける
だけど抱っこ紐を使うのはこれが最後

夜はお風呂で髪を洗ってやる
だけど明日からはもう一人でできると言われる

道を渡るときには手を握ってくる
だけど手をつなぐのはこれが最後

夜中こっそり寝室にやってきてベッドにもぐりこんでくる
だけどそんなふうに起こされるのはこれが最後

昼下がりに歌いながら手遊びをする
だけどその歌を歌ってやるのはこれが最後

学校まで送っていけば行ってきますのキスをしてくる
だけど次の日からは一人でだいじょうぶと言われる

寝る前に本を読み聞かせて
汚れた顔をふいてやるのもこれが最後

子どもが両手を広げて
あなたの胸に飛び込んでくるのもこれが最後

だけど「これが最後」ということはあなたには分からない

それがもう2度と起こらないのだと気付くころには
すでに時は流れてしまっている

だから今、あなたの人生のこの瞬間にも
たくさんの「最後」があることを忘れないで

もう二度とないのだと気付いてはじめて
あと一日でいいから、あと一度きりでいいから、と切望するような
大切な「最後のとき」があることを

 

こんな詩でした。

卒業式が終わってもまだまだ手のかかる息子でピンときませんが子育て中の方にはぐっとくるかもしれませんね。

私は、子供にもそうですが親も同じかなと思ってしまいました。

そんな卒業シーズン真っただ中ですが春にはそれぞれ新しい道があります♪

私も何か新しいことを始めよう!

by piyo

ー独り言ー

今回は、全面的に独り言ですが…

カルチャーにも新しい春が来るように企画したいなぁ~♪

私の何か新しいことの1つにパソコンサークルを立ち上げたいなぁ~

メンバー集まるかな?

ETMZ(エクセルを楽しく学ぶぜーっ!)の時みたいに楽しくできるサークルを立ち上げたいなぁ~

そんないのしし年の春です!

 

 

関連記事

  1. 小学生からはじめるプログラミング♪
  2. 多肉植物の寄植講座♫
  3. 季節はずれの大掃除(^^♪)
  4. 石に癒される時間 こっそり講座してます。
  5. ハンドリフレクソロジー講座
  6. 革小物ワークショップしたいな。
  7. パソコン教室♪
  8. sukuriyoga開講中!生徒募集。

月別のブログ

”LINE"
”Facebook"
”Twitter"

Twitter

PAGE TOP